お礼の品一覧

返礼品一覧

陶磁器・工芸品・工業製品
1~12件 / 全83件を表示

並びかえ :
表示件数 :
表示切替 :
 画像
 標準
 詳細
平戸松山窯「唐子遊図正角皿」

商品番号X100

平戸松山窯「唐子遊図正角皿」

セット内容

七人唐子遊図正角皿(縦230㎜、横230㎜、高さ25㎜)

おすすめポイント

19世紀半ば、ヨーロッパの人々の心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。平戸藩の手厚い庇護を受けることで、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく発展。技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具など、今も脈々と受け継がれています。

平戸松山窯「間取唐草ディナーセット」各2客

商品番号X101

平戸松山窯「間取唐草ディナーセット」各2客

セット内容

間取唐草プレート2枚(各縦250㎜、横250㎜、高さ40㎜)、間取唐草プレート2枚(各縦178㎜、横178㎜、高さ30㎜)、サラダボール2枚(各直径140㎜、高さ50㎜)、フリーカップ2客(各直径73㎜、高さ100㎜)、コーヒーカップ&ソーサ2客(各椀径80㎜、高さ62㎜、皿径138㎜、高さ25㎜)

おすすめポイント

19世紀半ば、ヨーロッパの人々の心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。平戸藩の手厚い庇護を受けることで、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく発展。技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具など、今も脈々と受け継がれています。

義窯「赤絵桜づめ豆皿」5枚組

商品番号X102

義窯「赤絵桜づめ豆皿」5枚組

セット内容

赤絵桜づめ豆皿5枚(各直径105㎜、高さ15㎜)

おすすめポイント

19世紀半ば、ヨーロッパの人々の心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。平戸藩の手厚い庇護を受けることで、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく発展。技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具など、今も脈々と受け継がれています。

光雲窯「絵変わり鯨豆皿」5枚組

商品番号X103

光雲窯「絵変わり鯨豆皿」5枚組

セット内容

絵変わり鯨豆皿5枚(各直径105㎜、高さ10㎜)

おすすめポイント

19世紀半ば、ヨーロッパの人々の心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。平戸藩の手厚い庇護を受けることで、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく発展。技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具など、今も脈々と受け継がれています。

五光窯「結晶コップセット」

商品番号X104

五光窯「結晶コップセット」

セット内容

結晶フリーカップ5客(各直径60㎜、高さ90㎜)

おすすめポイント

19世紀半ば、ヨーロッパの人々の心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。平戸藩の手厚い庇護を受けることで、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく発展。技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具など、今も脈々と受け継がれています。

洸祥窯「染付一方押しフリーカップ」2客

商品番号X105

洸祥窯「染付一方押しフリーカップ」2客

セット内容

染付一方押しフリーカップ2客(各直径80㎜、高さ110㎜)

おすすめポイント

19世紀半ば、ヨーロッパの人々の心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。平戸藩の手厚い庇護を受けることで、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく発展。技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具など、今も脈々と受け継がれています。

嘉久正窯「棕櫚葉形皿」2枚

商品番号X106

嘉久正窯「棕櫚葉形皿」2枚

セット内容

棕櫚葉形皿2枚(各縦126㎜、横115㎜、高さ13㎜)

おすすめポイント

19世紀半ば、ヨーロッパの人々の心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。平戸藩の手厚い庇護を受けることで、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく発展。技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具など、今も脈々と受け継がれています。

嘉泉窯「一葉秋草銘々皿」5枚

商品番号X107

嘉泉窯「一葉秋草銘々皿」5枚

セット内容

一葉秋草銘々皿5枚(各直径120㎜、高さ28㎜)

おすすめポイント

19世紀半ば、ヨーロッパの人々の心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。平戸藩の手厚い庇護を受けることで、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく発展。技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具など、今も脈々と受け継がれています。

嘉泉窯「ましろ 剣00」

商品番号X108

嘉泉窯「ましろ 剣00」

セット内容

直径60㎜、高さ100㎜ ※ましろ特製化粧箱入

おすすめポイント

三川内焼の用の美を大切にしながら、現代的なデザインアプローチで生み出された「ましろ」。手にするとふわりと軽く、温かみのある白さ。揺れる氷が奏でるやわらかな音。注いだ酒は丸く広がった底に香りを貯め、薄く口当たりの良いフチがその美味しさを際立たせてくれます。五感に語りかけるうつわ「ましろ」シリーズ、全ラインナップがそろいました。

嘉泉窯「ましろ 剣01」

商品番号X109

嘉泉窯「ましろ 剣01」

セット内容

直径65㎜、高さ90㎜ ※ましろ特製化粧箱入

おすすめポイント

三川内焼の用の美を大切にしながら、現代的なデザインアプローチで生み出された「ましろ」。手にするとふわりと軽く、温かみのある白さ。揺れる氷が奏でるやわらかな音。注いだ酒は丸く広がった底に香りを貯め、薄く口当たりの良いフチがその美味しさを際立たせてくれます。五感に語りかけるうつわ「ましろ」シリーズ、全ラインナップがそろいました。

嘉泉窯「ましろ 舞00」

商品番号X110

嘉泉窯「ましろ 舞00」

セット内容

直径80㎜、高さ90㎜ ※ましろ特製化粧箱入

おすすめポイント

三川内焼の用の美を大切にしながら、現代的なデザインアプローチで生み出された「ましろ」。手にするとふわりと軽く、温かみのある白さ。揺れる氷が奏でるやわらかな音。注いだ酒は丸く広がった底に香りを貯め、薄く口当たりの良いフチがその美味しさを際立たせてくれます。五感に語りかけるうつわ「ましろ」シリーズ、全ラインナップがそろいました。

嘉泉窯「ましろ 舞01」

商品番号X111

嘉泉窯「ましろ 舞01」

セット内容

直径90㎜、高さ80㎜ ※ましろ特製化粧箱入

おすすめポイント

三川内焼の用の美を大切にしながら、現代的なデザインアプローチで生み出された「ましろ」。手にするとふわりと軽く、温かみのある白さ。揺れる氷が奏でるやわらかな音。注いだ酒は丸く広がった底に香りを貯め、薄く口当たりの良いフチがその美味しさを際立たせてくれます。五感に語りかけるうつわ「ましろ」シリーズ、全ラインナップがそろいました。