よくあるご質問

よくあるご質問

ふるさと納税制度とは
ふるさと納税制度とは実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。全額控除される寄附金額には、収入や家族構成等に応じて一定の上限がありますので、お住まいの自治体の税担当部署にご確認ください。
※平成27年4月1日から、要件を満たす方は、確定申告をせずに控除が受けられる「寄附金税額控除に係る申告特例申請」、いわゆるワンストップ特例が始まりました。詳しくは、「ワンストップ特例とは」でご確認ください。
ワンストップ特例とは
ワンストップ特例とは、次の2つの要件の両方を満たす方が適用の対象となります。
  1. 1.確定申告をする必要のない方
    ※会社員の方など、年末調整のみで、確定申告をしない方(医療費控除の申請等も確定申告の扱いとなりますのでご注意ください)
  2. 2.寄附先の自治体数が5自治体以下の方
    ※佐世保市に10件寄附をしても、自治体数は1とカウントします。寄附回数ではなく、寄附先の自治体数でカウントを行います。

要件を満たす方で、希望される方は、申請時に「ワンストップ特例を利用する」をご選択をいただくことで、寄附の確認後、受領証明書と併せてワンストップ特例の申請書をお届けいたします。
※ワンストップ特例の提出に係る注意事項
※寄附の翌年1月1日までにご申請内容に変更がある方は、変更届けの提出が必要になります。

申請書の提出が完了しますと、受付通知を発送いたします。提出後は寄附の翌年の税額控除が受けられるよう、佐世保市からお住まいの自治体に、寄附者様の情報を通知いたします。
※税の控除は寄附の翌年に適用となります。

平成28年1月1日より申請書に個人番号(マイナンバー)の記入と本人確認資料の添付が必要となりました。

本人確認資料

  • 1 個人番号カード(顔写真付き)の両面コピー
  • 2 通知カード(顔写真なし)の両面コピー+添付書類
  • 3 個人番号が記載された住民票の写し+添付書類

〔添付書類〕
運転免許証、運転経歴証明書、住民基本台帳カード、旅券、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、在留カード、特別永住者証明書 のいずれかのコピー

振込用紙が届かないのですが・・・
申請者様の情報に誤りがないか等、確認をしてから発送させていただいております。概ね5~15日程度到着までにお時間をいただいておりますので、ご容赦ください。
口座振込や現金書留で送っても良いですか?
口座振込での対応ができておりません。現金書留、クレジット決済、郵便振替の対応は可能ですので、いずれかでご対応のほどお願いいたします。
何回・何件でも申請できますか?
制限は設けておりません。ただし、税額の控除には上限がございますので、一度お住まいの自治体で控除の上限額を確認されることを推奨いたします。
クレジットカード以外の支払いでも、ポイントは付きますか?
支払方法がクレジットカード以外の場合、ポイント附与まで数日かかる可能性がありますので、ご了承ください。

お問い合わせはこちら