商品番号X302 嘉泉窯「一葉地紋草花銘々皿」5枚

寄附金額

25,000円(1,000pt)

おすすめポイント
19世紀半ば、ヨーロッパの人々の心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。
現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。
平戸藩の手厚い庇護を受けることで、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく発展。
技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具など、今も脈々と受け継がれています。
セット内容
一葉地紋草花銘々皿5枚
(各直径120㎜、高さ28㎜)
消費期限
なし
発送方式 常温
発送予定 通期
のし対応
提供企業 三川内陶磁器工業協同組合

嘉泉窯「一葉地紋草花銘々皿」5枚

商品番号
X302
寄附金額

25,000円(1,000pt)

数量

特産品がカートに追加されました

  • ※カートへの追加だけでは注文は確定されません。【カートを見る】より注文を確定させてください。
  • ※選択した返礼品は、ご注文確定前であればカートから変更・削除することができます。